用途別ページ

出産内祝い

出産内祝い

赤ちゃん誕生への祝福に、感謝の心を伝えるお返しもの。 お祝いしていただいた方々への、心からの感謝の気持ちをカタチに。新しく家族に加わった赤ちゃんを紹介するという意味でも、家族にとっても大切なお返しものです。人気の商品ランキングや出産内祝のマメ知識など、お役立ちコンテンツがたくさん。ギフトを贈る前にチェックして、すてきな出産内祝と感謝の気持ちを贈りましょう。

カタログギフトでお返し
アラグルメコレクション彩

名入れオリジナル



ランキング


出産内祝
いつお返しすればいいの?
出産祝いは、誕生後7日から1ヶ月くらいまでにいただきますので、内祝いは、誕生後1ヶ月前後に贈るのが一般的です。ちょうどお宮参りの前後1週間あたりから、遅くても誕生後2ヶ月以内には贈りたいものです。 また、誕生後1ヶ月を過ぎてお祝いをいただいた場合は、頂いた日から1ヶ月以内には内祝いを贈りましょう。
何をお返しすればいいの?
内祝いの品は、石鹸やタオルのセット、お菓子、コーヒーなどの実用品が多くなっています。最近は、素材にこだわったタオルなども人気が高いようです。 感謝と近況を綴った手紙と共に赤ちゃんの写真を添えると、より気持ちが伝わります。
表書き・水引はどうするの?
■表書き/内祝 
■水引/紅白7本蝶結び
内祝いには、赤ちゃんの名前をお披露目する意味もありますので、内祝いの品は赤ちゃんの名前で贈ります。
気をつけることは?
☆地域によっては、決まった品を贈る風習が根強いところがあるため、ご両親や年配の方とご相談下さい。
☆予算は、いただいたお祝いの2分の1が目安です。また、目上の方には、頂いた額の2分の1前後で、 後輩には2分の1よりやや多めにするなど、相手に合わせて変えるのが一般的です。
☆出産でお世話になった病院の先生や看護師さんへのお礼や里帰り出産でお世話になった実家へのお礼も忘れずに贈りしましょう。病院には、最後の往診や退院時に、実家へは引き上げる時に手渡しするようにします。ただし、病院によってはこうしたお礼を一切受け付けない方針のところもありますので事前に確認しておきましょう。
☆みんなで手分けして!
出産後の1ヶ月は、まだまだお母さんの体調も回復しきれていない時期です。加えて育児や睡眠不足で、中々内祝いまで手が回りません。赤ちゃんの様子やお母さんの体調に配慮しながら、 ご家族で手分けしてリストの整理や、手配の準備をしているケースも多いようです。
☆命名札について。
地域によっては命名札と呼ばれる短冊を付ける場合もありますの。当店では、無料ギフトオプションとして6種類ご用意しております。お買い物の際は、ぜひお選び下さい。
命名札の見本一覧はコチラ⇒
お誕生に関する「お返しもの」「御礼」あれこれ
お七夜・命名祝の場合
●「内祝」としてお子様の名前で、命名紙を添えて贈ります。また、仲人さんや親しい方に、命名披露を兼ねて贈る場合もあります。
●命名をお願いした場合は、名付け親を招き命名式を行うこともあり、命名御礼として謝礼を贈ります。
お宮参り祝の場合
●お返しはしなくても構いませんが、「内祝」として赤飯、紅白餅、砂糖、菓子折りを贈ることもあります。
●神社への御礼は「初穂料」「玉串料」「御礼」としてお子様の名前で送ります。
●地方によって慣習が異なりますので、相談した方が良いでしょう。
初節句祝の場合
●お返しは「内祝」として、お子様の名前で贈ります。
●親しい間柄の方には、お子様の記念写真を添えても良いでしょう。
出産内祝の段取り&イベントスケジュール

約1週間

教えて!!Q&A 気になることは今すぐCheck!!
Check Point 発育
Q.離乳食は何の為に必要なのでしょう?
A. 離乳食は、あごや口、舌の動きの発達に、大切な働きをします。最初はドロッとしたものを舌で飲み込み、次に少し硬い物を舌でつぶす。という発達段階は、実は「話す」ための筋肉の動きにもかかせないもの。そのほか、将来の健康維持の為にも大きな役割を果たします。赤ちゃんの頃から正しい味覚を養っておくことが、栄養バランスのとれた食事習慣をつくります。離乳食は、最初の「食育」なのです。
Q.赤ちゃんにきちんと言葉を教えるには、どうすればよいでしょうか?
A. 一般的に、1歳半位までに言葉を話し始めますが、生後2ヶ月位になると「クークー」といった喃語(なんご)を言い出し、聴覚もしっかりしてきます。特に“教える”という意識をしなくても、この頃から表情をしっかり作ってどんどん語りかけることが大切です。赤ちゃんは、おむつ替えや授乳時など日常のコミュニケーションで、言葉と感情の結びつきを実感し、お母さんの声を繰り返し聞くことで、自然に言葉を覚えていくものなのです。
Check Point 安全
Q.おもちゃを選ぶとき、どんなことに気を付けたら良いでしょうか?
A. 成長に合わせて選ぶことが大切です。生後3ヶ月くらいまで寝て過ごすことが多いので、動いたり音が出るものを見える位置に取り付け、3ヶ月を過ぎると触ったり握ったり出来るもの、7ヶ月くらいからは手でもって遊べるもの、一人で遊ぶようになる10ヶ月くらいからは両手で遊べるものが良いでしょう。いずれも、安全性が最優先。形状はもちろんですが、使われている素材や塗料など、舐めても大丈夫なものなのか十分に確認します。
Check Point 健康
Q.赤ちゃんの紫外線対策は、どうすればよいですか?
A. 以前は、赤ちゃんの健康に良いとされ、母子手帳にも掲載されていた日光浴ですが、最近ではむしろ、肌に有害な紫外線対策が注目されています。特に春先から夏にかけての外出は要注意!なるべく日射しを避け、ベビーカーには日よけ付のものを選び、刺激の少ない赤ちゃん用日焼け止めクリームを塗ってお肌を守りましょう。なお、帰宅後は、日焼け止めクリームをきれいに洗い流してあげるのをお忘れなく。
Q.母乳で育てたいのですが、何か気をつけることはありますか?
A. 母乳は、赤ちゃんにとって命の源。おいしくて栄養満点の母乳を飲んでもらう為には、お母さん自信の食生活の管理が大切です。鉄分やカルシウム、タンパク質などを多く含むバランスのとれた食事が、赤ちゃんにとって最適な母乳をつくります。脂肪分や糖分の多い食事、香辛料などの刺激物を多く含む食事、添加物を多く含む加工食品などは、意識して避けましょう。なお、授乳中のアルコール類は厳禁!!
Q.赤ちゃんのアレルギーを防ぐ為の対策はありますか?
A. 昔の日本家屋に比べると、マンションなど密閉性の高い住宅事情が影響して、ダニ、埃、カビなどが原因と考えられる、アレルギー症状が問題になっています。特に赤ちゃんは、大人に比べて影響を受けやすいもの。十分に換気をしながら、通常よりも頻繁に掃除しましょう。室内で犬などのペットを飼っている場合は特に要注意。また、直接肌に触れる布団類などは、特に気を付けてこまめに洗うようにしてください。

商品カテゴリ

商品項目一覧

ご予算別

カタログギフトの有効期限と商品申込ハガキ紛失について
社長室直通相談
会社概要電子パンフレット

エクセルシート
FAXシート
FAXシート



営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日

※日・祝日が休業日となります。

ページトップへ